東京大賞典 2016 予想 

東京大賞典の予想です。

ポイントはどこが仕掛けになるか。だれが動くかでしょう。

大井競馬場は地方とは言え直線は長いため、川崎や船橋のようにコーナー手前からスパートが始まる事は稀です。直線長いですが、コーナーはキツいため、大体このコーナー部分では息が入りやすく、直線入り口から一気のギアチェンジ戦になるのが基本。

そこで今回鍵を握るのがコパノリッキーと戸崎騎手。

昨年はこのコースでコーナー手前からギアチェンジを行い、得意のスピードで後ろから迫ってくるホッコータルマエの脚を削るという技で王者ホッコータルマエを何度も苦しめました。

この馬が勝つとすれば、絶対に後続に捲らせない事が重要でしょう。

一方アウォーディーは川崎でのJBCをみても、向こう正面のギアチェンジポイントで対応できています。恐らくこの馬が崩れることはないでしょう。ここで崩れたのはサウンドトゥルー。コパノリッキーがペースを握り、抜け出す競馬ならサウンドトゥルーやノンコには向かないと考えます。

 

コパノリッキーが上手く逃げれなかった場合、恐らく後続の捲りも成功してかなりロングスパート気味な戦いになるかと思われます。そうなればサウンドトゥルーやノンコノユメにもチャンスあり。

 

どちらに転ぶか。どちらにも転ぶ可能性は十分にある一戦です。

 

では印です。

 

JpnⅠ 東京大賞典 大井ダート2000m

◎アウォーディー
◯コパノリッキー
☆サウンドトゥルー
▲アポロケンタッキー
△ノンコノユメ

 

どちらに転んだとしてもアウォーディーが崩れる事はないでしょう。
軸としては信頼しても良いはず。
コパノリッキーは、戸崎騎手が後続を引きつけていい事はないと理解しているかどうかがポイントに。大井のコースを1番理解しているであろう騎手ですが、コーナーで緩む事を知ってればそこで息を入れさせてしまう可能性も。とはいえ、元大井のリーディングジョッキー、そこは上手く乗りそうな気が。

ホッコータルマエはコパノリッキーのスピードに崩れましたが、問題はアウォーディーがコパノリッキーの競馬にどこまで対応できるか。この中りはまだ未知。上手く嵌ればコパノリッキーは頭も十分考えられます。

 

ということで軸としてはアウォーディーを信頼しますが、馬券はコパノリッキーなどの頭を狙ってみたいです。

 

推奨馬券

3連単流し ◯-◎☆▲

 

抑え

3連単フォーメーション ◎☆-◎☆-▲△

馬連 ◎-◯