宝塚記念 2017 指数公開

いよいよ春競馬最後のグランプリレースとなりました。

これが終れば夏競馬に本格的に突入しますが、春競馬を負けた方はここで取り返しましょう。勝ってるいる方は勝ちを増やしましょう!

 

GⅠ 宝塚記念 阪神芝2200m

 

指数

2017-06-20 宝塚記念指数

 

まだもちろん枠は出てませんので、指数順位順に。

ここではキタサンブラックが圧倒的に抜けた数値をたたき出しています。そりゃあれだけ圧倒的な競馬を見せられれば当然の結果です。

そのキタサンブラック、ここは昨年3着と苦汁を飲んだ舞台。今年は昨年の汚名返上も背負います。3着になった舞台という事で、一見不利な舞台と見る事もできるかもしれませんが、昨年の内容を知る人ならむしろキタサンブラックの強さをここで認識したという人も多いはず。

先行勢がおお崩れし、マリアライトがくるような展開ですからココ最近の競馬を見ている方ならどれだけタフな展開だったかは想像がつくと思います。それをむしろ3着に粘れた事自体、まだキタサンブラック懐疑論がある中では衝撃的な結果でした。

しかも、上がり3ハロンは最速でも36秒台の時計が掛かる馬場の中逃げたんですからよほどのタフな馬です。

今年もこの宝塚記念、天気にかなり左右されそうな模様で2017-06-20 天気 阪神

週末はかなり怪しい展開。

日曜が曇り時々雨になっていますが、これがレース当日の発走時刻まで降るのかどうか。まだまだ週初めなのでずれ込む可能性は充分ありますし、むしろ土曜から降る可能性も考えられます。

先週の阪神競馬場は、レコードもでるかなりこの時期にしては速い馬場で、もし降らなければ、例年とは違った宝塚記念になる可能性もありますし、降ればいくらレコードがでる馬場とはいえ、掛かってはくるでしょう。昨年も鳴尾記念あたりは速い時計が出ていて、その後の雨の影響で宝塚記念は例年通りタフな結果でした。

全く別の話ですが、もし降るようなら、マカヒキの回避は正解だったのかもしれません。

狙う馬もこの雨によって変わってきそうです。

少し前までは、ミッキークイーンに注目していましたが、雨が降った場合プラスとはいえないような気もします。

で、他のメンバーを見渡した感じだと、正直今年のメンバーはどれもタフなレースを走ってきそうな馬だらけです。シャケトラは人気しそうですし、狙うならこちらですかね↓

前走はほぼ何もしていないようなもの。いかにも内回りでビュンと飛んできそうなタイプで、2走前の差は追い出しの差でしょう。そろそろ一発やらかしそうな騎手も含めて期待してみたい。