皐月賞 2017 展望

先週の結果です。

土曜日勝負レース 中山10R湾岸S

1着◎ウムブルフ 2着◯ワールドレーヴ 3着△サトノエトワール

ここは完璧に決まりました。参考にされたかたおめでとうございます。

ラップをみても最後の3ハロンはわりと時計が掛かっていたので、展開もロングシャドウの単騎からのロンスパになったのかなあという感じ。ワールドレーヴの手応えもかなりよかったので前の馬にはキツい展開だったでしょうか。ウムブルフは前走の凡走で人気をかなり落していたのでおいしかったですね。

GⅡ 阪神牝馬S 

1着☆ミッキークイーン 2着△アドマイヤリード 3着◯ジュールポレール

◎クイーンズリングはかなりちぐはぐな競馬で惨敗。まさかあそこまで掛かるとは、、、。一度ガス抜きをして次戦でどう変わるかですね。能力はあるでしょう。ミッキークイーンは貫禄の快勝。やはりこの馬は牝馬の中では抜けています。

GⅡ NZT

1着無ジョーストリクトリ 2着▲メイスンジュニア 3着◎ボンセルヴィーソ

ここはかなり難解な一戦で1着ジョーストリクトリは拾えませんでしたが、予想としては◎ボンセルヴィーソ、▲メイスンジュニアのワイドを狙っていたので見事的中でした。勝負レースとこのメインのおかげで土曜日はかなりプラスで折り返す事ができました。先週の中山は読みにく勝ったですが、日曜を見る感じだととにかく前にいないと話にならないというような馬場に感じられ、このレースもペースがそこまで上がりきらずと馬場のせいもあってかとにかく前の馬に有利に見えました。とは言え3着ボンセルヴィーソは難しい枠で見事にこなしたと思います。この馬はこの路線では非常に安定していていい馬ですね。

 

 

G1 皐月賞 中山芝2000m

2年連続レコード決着スーパーポテンシャルレース

ドゥラメンテの1.58.2

ディーマジェスティの1.57.9

2年も続いてこんなあっさりレコードが変わる事なんてあったでしょうか。もちろん馬場の影響もあると思いますが、個人的にはここ2年の日本競馬のレベルがいかに高いかを感じます。

皐月賞は牡馬3冠の内1番距離が短い2000m。NHKマイルを目指す馬もぎりぎりここを使う事が可能という事で短距離勢も色気を出して狙ってくる事もあります。おかげで1800mの非根幹距離レースのようにペースが上がりやすくなるのかもしれません。そうなれば決して実力通りに、ホントに力のある馬が好走します。

ドゥラメンテの年は2着リアルスティール、3着キタサンブラック

ディーマジェスティの昨年は2着マカヒキ、3着サトノダイヤモンド

でした。

ドゥラメンテなんて、明らかに右回りのコーナーリングに欠点があったのにも関わらず直線でぶっこ抜きました。

マカヒキも大阪杯、皐月賞とみても恐らくこの馬は右回りのコーナーではそこまで早く回って来れないタイプでしょう。そんな馬でも直線で飛んでくるんですから、よほど能力が出やすいのかなあと思います。

ただ今年の世代は散々言われているようにレベルが低く混戦。主役という主役がいない中でのクラシックという感じです。それでも果たして能力で決まるのかというとどうなのかなと思う事もありますが、イスラボニータ世代を思っても、1着から5着まで能力通りと思えるメンツで決まっているのでやはり能力重視で考えていいのかなと思います。

 

今回は注目馬などは別記事で改めて書こうと思いますが、恐らく牡馬勢の中で1番能力、素質があると思うのはカデナです。ただどちらかというと日本ダービー向きな感じもするので果たして中山2000mで頭までこれるかと考えると危うい気もします。

もう一頭注目されている無敗牝馬のファンディーナは、先週の同じく無敗できていたソウルスターリングの失敗からそこまで抜けた人気にはならなそうですが、この馬はかなり強そうです。前走のフラワーCもレコード勝ち。時計はスプリングSと僅差。しかもほぼ競馬になっていにレース内容で、直線も軽く追っただけで突抜け、この時計をたたき出しました。あの手応えならまだまだ時計を短縮できる事は可能だったでしょう。

 

あと気になるのは雨の影響でしょうか。流石にあそこまで降った中で土日やればダメージはかなり残っていそう。土曜はかなり注意して馬場を見た方が良さそうです。