オーシャンS 2017 展望

まずは先週の結果です。

土曜日勝負レース 京都10R 尼崎S 

1着無ステイインシアトル2着◯アドマイヤキズナ3着◎ショパン

ここはもう印を3頭にしか回さない絞った予想で◎ショパンと◯アドマイヤキズナのワイド狙いが本線だったので見事本線的中でした。人気のショパンが通用すると考えた以上あまり点数は買えないですからね。

GⅢ アーリントンC

1着◯ペルシアンナイト2着☆レッドアンシェル3着▲デバインコード

かなり悔しい縦目、、、。

中山記念

1着☆ネオリアリズム2着無サクラアンプルール3着△ロゴタイプ

まさかの2強が飛ぶ結果に。ネオリアリズムは能力は認めていますが、中々買いづらい馬です、、、。リアルスティールも買い時が難しいタイプですね。

阪急杯

1着無トーキングドラム2着無ヒルノデイバロー3着無ナガラオリオン

ここは散々な結果でした。申し訳ありません。ロサギガンティアは完全に出遅れたせいですが、シュウジはあまりにも案外。この路線はほんとに混戦。

 

 

 

GⅢ オーシャンS  中山芝1200m

 

高速中山スプリント

中山と言えば最後の坂というイメージですが、スプリント戦に関してはスタートの坂も最後の坂と同じぐらい考慮すべきだと思います。とくに改修工事後、馬場がよくなった中山では特にそう感じます。

中山の芝1200mコースは坂の頂上からスタートします。つまりそこから数百メートルは下り坂です。ただでさえスタートダッシュが激しくなるスプリント戦で下り坂スタートですから前半は強烈に早い。マイルからきた馬やダッシュ力がない馬はここで結構置いていかれるでしょう。そして元々はパワーのいる馬場のイメージでしたが、改修後は高速化している印象を受けます。一昨年こそ雨で時計が掛かっていましたが、昨年の勝ちタイムは1.07.5。昨年のスプリンターズSよりも早いタイムで、しかも昨年のスプリンターズSはミッキーアイルが逃げて引っぱりましたから極端にペースが遅かった訳ではないはずです。

とにかく生粋のスプリンターでないと対応できないペースになる事が多く、今年は恐らく天気を見る限り良馬場での開催。時計勝負にも対応できないといけないのではと予想します。

 

注目馬

メラグラーナ

今の主役不在のスプリント路線に現れた新星というポジションでしょうか。強烈な末脚が印象で前走を大外を追走しながら楽に上がっていき、数発の鞭でその脚を爆発させると、最後は流す余裕を持ってゴールでした。2走前の京阪杯では雨でずぶずぶの末脚を削がれる馬場のせいか全く伸びず。その事を考えれば良馬場開催はプラスだろうとは思います。スタートも前走はよくなっていましたが、外を回してなんぼというタイプにも見え、信頼しきるのはどうかなあという気も。後は本番に向けてどういう競馬が出来るかも注目でしょう。

 

ブレイブスマッシュ

基本的にここはマイル路線などからの距離短縮組はキツいと思います。ただこの馬に関してはそもそもがスプリントよりの可能性も。この条件では恐らく掛かる事もないでしょうし、好きにいかせてどれだけできるかと言うところでしょう。低調なスプリント路線ならばいきなりでも通用してもいいと思います。

 

ナックビーナス

明け4歳のニューカマー勢ですが、前前走内容からメラグラーナには完全に見劣りするかなあという印象。スプリントに切り替えてからは大した大崩れもなく安定した成績で信頼しやすそうですし、このメンバーなら十分上位にも取れそうな感じもしますが、そこまで突き抜けた才能は感じないだけに恐らく人気しそうな今回は買いにくいなあと言う気も。

 

 

個人的に今回のメンバーで気になるのはこの馬→

ランキングにて公開
スプリント初挑戦の前走は見事な逃げ切り。それまで掛かったり、あまり出し切れなかったように見えるレースもしばしばありましたが距離短縮が嵌った印象。ただ馬場が馬場で後ろも追いかけにくかった事も考えると、フロックかフロックではないのか、良馬場でやった時にどこまでできるのかという判断は難しいですが、内容だけみると中々のものを感じます。特に抜けたメンバーがいない今なら一発あってもおかしくないでしょう。