中山記念 2017 展望

週末の結果は

土曜日勝負レース 金蹄S

1着△マイネルトゥラン 2着◯グランセブルス 3着◎レッドサバス

GⅢ京都牝馬S 

1着▲レッツゴードンキ 2着△ワンスインアムーン 3着☆スナッチマインド

GⅢ小倉大賞典 

1着無マルターズアポジー 2着☆ヒストリカル 3着◯クラリティスカイ

G1フェブラリーS

1着△ゴールドドリーム 2着△ベストウォーリア 3着☆カフジテイク

 

と、勝負レースこそ綺麗に決まったものの、重賞が全くふるわず申し訳ありませんでした。フェブラリーSはもうどれが走ってもおかしくない大混戦の中ゴールドドリームが見事勝利。安定して真面目に走れる古豪のベストウォーリアが2着に健闘しました。本命のモーニンはやはり馬群で揉まれたせいでしょうか全く伸びず。コパノリッキーも逃げれず、アスカノロマンも力を出せず、この3頭は嵌れば強いだけに中々難しいです。そんななか狙ってみたのですが無惨な結果に。

京都牝馬のアルビアーノはまさかの17着。パドックで大分緩かったのでほぼ諦めムードでしたが、流石にこれは負け過ぎ。いくら緩いとは言え本番に向けて雲行きが怪しい結果です。

今週からまた開催が変わりますし、やっと天気も安定してきましたし、予想もやりやすくなります。これからいよいよクラシックが本格化してきますが今年もダービー制覇へ向けて頑張りましょう!

 

 

GⅡ中山記念 中山芝1800m

 

東の始動戦

京都記念で、昨年のダービー馬マカヒキが3着に敗れたのも記憶に新しい中、東の中距離戦線の有力馬もここから始動し始めます。

ただ最強世代の東の大将と言えばディーマージェスティですが、ディーマージェスティはここではなく日経賞から天皇賞春を目指すとの事。ここは1800mという距離からどちらかと言うとマイルよりの中距離馬が集まるイメージで、天皇賞春を目指すようなクラシックディスタンス〜ステイヤー辺りのタイプは日経賞が始動戦になります。つまりディーマージェスティは王道とはいや長距離路線を行く訳で菊の内容からどうなるかというところですね。

という事でここには4歳馬は牝馬のヴィプロスしかおらず、もはや既存勢力の戦いになりそうです。

そこまで偏った傾向はなく、始動戦とはいえ普通に強い馬がくるイメージです。昨年もドゥラメンテ、アンビシャス、リアルスティールは普通にきましたし今年も実力のある馬が馬券を占めるんじゃないでしょうか。

 

注目馬

アンビシャス

昨年キタサンブラックに先着できた数少ない馬の1頭で、実力的にはG1をとってもおかしくないぐらいの力はあります。昨年はあのドゥラメンテに強烈な末脚で迫りクビ差2着。大阪杯での勝ち方を見ても小回りコースでも一瞬で加速できる脚があり、むしろ長い府中の直線よりもその脚は活きやすいでしょうか。ここ2走出遅れ気味になっているのは難ぐらいでしょうか。

 

リアルスティール

古馬になって折り合いに苦労するようになり、マイルなんかも挑戦しましたがベストはやはり1800mでしょう。昨年の秋は天皇賞秋は良い脚で追い込むも1着の馬が別次元の馬すぎて2着。ジャパンカップは若干距離が長かったようにも感じましたが、それでも果敢に先行して5着は健闘。ゴールドアクターとはほぼ着差のない結果でした。1800に戻れば恐らく現役ではトップクラス。ただおそらくアンビシャスとはそこまで力差はないだけに甲乙付けがい2頭です。

 

ツクバアズマオー

中山コースでは2連勝中で内容もかなり強いです。3走前はゴールドアクター相手に0.2秒差の3着と名前の割に結構強いこの馬。ただいくら中山コースが強いとは言え1800mは若干短いような気もします。小回りのコーナー4つなので基本的には流れやすく、ラップもそこまで早いのは踏みませんが、万が一スローで流れて瞬発力勝負になれば上2頭には明らかに分が悪いでしょう。

 

 

4歳ヴィプロスは最強世代とはいえ牝馬で、この世代の牝馬はそこまでレベルが高いとは思えず、ましてやサトノダイヤモンドでさえ一杯一杯だったキタサンブラックと渡り合った上位2頭にはまずかなわないでしょう。

あとはこの馬の力がまだ中々分かりにくいところ→

ただ前走の内容からディサイファ比較でみてアンビシャス、リルスティールの方を上にとりたいですが。