毎日王冠 2017 注目馬 

毎日王冠の考察と注目馬です。

 

 

G2 毎日王冠 東京芝1800m

 

 

注目馬

当ブログ注目馬は先に上げちゃいますが、マカヒキです。

まず去年の毎日王冠を振り返ってみましょう。

 

 

勝ったのはルージュバック

この日の東京は雨の影響で稍重。外が伸びやすい馬場でした。

稍重とは言えこのレースのラップは

12.5 – 11.3 – 12.0 – 12.5 – 12.0 – 11.8 – 11.4 – 11.5 – 11.6

ペースバランスは35.8-34.5です。

スローで最後は11.4-11.5-11.6と3ハロン続けてまったく落さないラップ。ルージュバックの上がりは33.4秒。同じく外目差してきたアンビシャスとヒストリカルの上がりは33.6秒。それなりに早い上がりはでています。稍重とはいえ、そこまでラップが落ちるほど悪い馬場ではなかったはず。

先行勢、内を通った馬は伸びきれず、ルージュバック達のキレに負けて飲み込まれた訳ですが、ただスローで行けたからといって東京の場合は先行馬が必ずしも有利とは限りません。

強烈な差し脚を持っている馬がいれば余裕で飲み込まれます。

ここで気にしたいのが今週末の天気。

土曜にかなり好確率で雨模様が予想され日曜日は曇りから晴れ。土曜に降って日曜に回復すれば傾向上、府中は外差しです。

そして今回のメンバー是といった逃げ馬はおらず、恐らくダイワキャグニーが逃げそう。ただ先行勢はソウルスターリング、アストラエンブレム、リアルスティール、ヤングマンパワーとかなりのメンツ。しかも後ろにサトノアラジン、マカヒキ、グレーターロンドンとなるとほぼほとんど馬が牽制しあってスローで直線勝負になる可能性も。

条件的には昨年とほぼ同じ状況だと予想します。

となればやはり期待したいのは瞬発力とその持続力のバランスに秀でたマカヒキの末脚でしょう。この距離と府中の直線は悪くないはずで、天皇賞秋で期待する予定でしたが条件的にはここでそれなりに期待してみたい。

とはいえ、先行勢、特に斤量の恩恵があるソウルスターリングもスローになれば手強そう。