フェブラリーS 2017 展望

まずは先週の回顧を軽く。

共同通信杯 1着◯スワーヴリチャード2着▲エトルディーニョ3着☆ムーヴザワールド

エアウィンザーは構えすぎて、詰まり直線全く追えず。出来れば有力馬の前運ぶレースを見たかったです、、、。

 

 

注目の京都記念は

1着△サトノクラウン2着▲スマートレイアー3着◎マカヒキ

ミッキーロケットを嫌ったまではよかったですが、マカヒキが弾けきれず、惜しくも的中となりませんでした。申し訳ありません。

にしてもサトノクラウン強かったですね。マカヒキも一瞬良い脚でこれは来たなと思いましたが途中で失速、直線は入りまでの手応えを考えると馬場が敗因と言うのが1番分かりやすいかなあと思います。他にも要因はあると思いますが。

とはいえ、展開的にはサトノクラウン、スマートレイアーに非常に向く展開でこの馬場で後ろから捕まえにいったマカヒキ、ミッキーロケットともにキツかったと思います。それでもここまで来れるのは2頭とも能力が高いと評価していいと思います。

ただマカヒキに関してはやはり勝ちきって欲しかったところ。
3着にこれたのは最低ライン。このクラスの馬に求められるのは勝利でしょう。
なぜか、こういう世代の名馬クラスの馬が負ける時はキズナの時のラキシスしかりドゥラメンテの時のマリアライトしかり牝馬が台頭してきますね。

 

 

 

第34回 GⅠフェブラリーS 東京ダート1600m

 

注目馬

 

カフジテイク

関西の条件戦時代から見守ってきた馬ですがまさかG1で1番人気候補にまでなろうとは思いもしませんでした。前走は上がり34.5秒という鬼脚で歴戦のダート1400のスペシャリスト達を飲み込みました。距離延長自体は全く問題なしでしょう。1600のこのレベルのペースでどこまで前の馬にリードを取られるか、後先行の有力勢もステップレースの出来ではなく、差しきるのももう1段階上のレベルが求められそうです。やる事は決まっていますし、脚は安定しているので間違いなく見応えのある直線にはなると思います。頭までは想像しにくいですが、昨年のノンコノユメと同じく軸としては面白いのかもしれません。

 

ゴールドドリーム

ここ2走は出遅れて中々良い競馬できていませんが、2走前の武蔵野Sは出遅れて追い出しも手こずりながらも2着にくる見応えのある走りでした。3歳時でも東京1600mでは圧倒的な強さを見せていたので、このコースはこの馬にとってベストだと思います。ただ近走出遅れが続いている上にデムーロ騎手になるとその辺の不安はやはり拭いきれないでしょう。外枠は絶対欲しい。

 

モーニン

昨年の王者も中距離への挑戦からリズムを完全に見失っている模様。ここ2走の不甲斐ない走りから完全に露呈したことは揉まれるとダメという事でしょう。チャンピオンズCもアポロケンタッキーに並ばれコーナーのためか内に入れた瞬間にスルスルと後退。一瞬怪我かと思いましたが、その後直線に地味に追い込んできていたので道中で馬が嫌気を起こしたせいでしょうか。追い出しまではとにかくスムーズに運ばないとダメなんでしょう。そう言った意味でとにかく今回は外目の枠が欲しい。もしくは逃げれれば面白いかも。

 

 

絶対的な存在がおらずまた難しいレースになりそうですが、やはりスムーズに能力を出し切れば1番強いのはこの馬でしょう→

ランキングにて公開