週末の回顧 有馬記念 2016

最後の最後でいいとこ無しでした申し訳ありません。

 

ただ、まだ競馬好きの競馬は終った訳ではありません。

東京大賞典!

またオッズが出てから、きっちり予想公開します。

 

 

第61回 有馬記念 結果

1着 ◯サトノダイヤモンド

2着 ☆キタサンブラック

3着 △ゴールドアクター

 

やはり、今年の3歳は強かった。サトノダイヤモンドが見事無敵のキタサンブラックを破り新時代の幕をこじ開けました。

とはいえ、やはりキタサンブラックもそう簡単に潰れるような相手ではなく、堂々の2着。

併すとキタサンブラックは伸びるから、出来るだけ馬体を併せないようにという池江調教師の指示、このコメントにどれだけキタサンブラックの強さを再認識させられた一戦でした。

来年のこの路線は古豪キタサンブラックVS最強世代の構図になると思います。

3着のゴールドアクターは、完璧に乗りキタサンブラックに併せていきましたが、やはり敵いませんでした。とはいえそれ以下は完封の内容。昨年の有馬記念で混沌としていた古馬中距離路線で一躍スターになっただけの事はあり、上位2頭以外からは抜けていました。

ただやはりJCと同じくはっきりとした力負け。かなり厳しい結果となった気がします。

 

一方本命のミッキークイーンは5着。こちも完全に力負けです。浜中騎手は完璧に乗ったと思います。申し分のない騎乗でした。仕掛けも誰も行かなかったので、というか行けなかったんだと思いますが、サトノダイヤモンド真後ろを徹底的に狙い、サトノダイヤモンドが仕掛けてからワンテンポあとぐらいからスパートしましたが、前に取り付く事はできずでした。あそこで、もうワンテンポ遅らせていれば、ヤマカツエースに差される事はなかったと思いますが、あそこで仕掛けなければ3着以内に入る事はできなかったでしょう。

上位3頭を除いて今回の有馬で最も強い競馬をしたのは間違いなくシュヴァルグランとミッキークイーンだったと思います。

ミッキークイーンは牝馬だということを考えると、末恐ろしい。

最強世代と言われる現3歳も牝馬はそこまでレベルが高いとは思えず、来年の牝馬路線はミッキークイーンが抜けた存在として君臨するんじゃないかと思います。

シュヴァルグランとヤマカツエースは2年前1年前ならG1を取れたと思いますが、これだけ強い馬が出てくると難しいでしょう。古馬では上位の馬ということは変わり在りません。

 

これで今年の中央競馬は終わりです。

今年もお付き合い頂きありがとうございました。年初めの目標だったブログリニューアルも何とかできました。

こんな感じのブログですが、また来年もよろしくお願いします。

東京大賞典も楽しまれる方はまだまだお付き合いお願いします!