AJCC 2017 展望

いま私用でマルタにきてまして、今からベルリンに行く途中に更新中です。

マルタは街並みがまるでファンタジー。

城壁 の中に街があったりとRPGの世界にきたようです。

Jpeg

 

 

海外だとWi-Fiがなかなか繋がらなかったりして更新は苦労します。

と言うことで簡易になりますが、 軽く週末の回顧とAJCCの展望を

愛知杯、京成杯、日経新春杯は大荒れの天気の影響でかなり変則的な開催になりました。

月曜の中京を合わせると 4日連続して中央競馬。平日に二回も 中央の競馬をみるのは 変な感じですね。

肝心の予想は日経新春杯は的中なりませんでしたが、愛知杯 、京成杯は的中。月曜の中京メインも的中。愛知杯は3連複万馬券が的中で総じてはいい週になったと思います。

日経新春杯は1着ミッキーロケット、2着シャケトラでした。シャケトラは斤量差の有利もありましたが、僅かにミッキーロケットにとどかず。

ここではミッキーロケットの方が一枚上でした。全体的に上がりは遅く見えますが、そこまで悪そうには感じませんでした。最終でもフロリダパンサーの逃げ切りが決まりましたし思ったほど 馬場は 悪くなかったのかも。

◎カフジプリンスはもう少し遅い馬場の方が良かった でしょうか。

 

AJCC 2017  展望

 

日経新春杯 も終わり一息つきたいところですがもうすぐに週末です。

AJCCに切り替えていきましょう。

image

 

ゼーヴィント

ラジオNIKKEI賞、セントライト記念、福島記念と重賞で続けて好走、当時は疑問視のスタンスでしたが、ここまで走れば流れに乗れているディープ産駒は充分買うべきでしょう。相手関係は 抜け出そうな馬はいますが、全体的にはそこまであがるというわけではなさそうです。

 

 ミライヘノツバサ

前走は圧勝も、 あまり強敵がいない路線での勝利でクラスがあがっていきなりはどうでしょう。 前へいけるタイプで傾向にも合いそうですし馬券は充分考えられます。

 

リアファル

長期休み明けの前走は5着と案外な結果でしたが、超絶スローで後続が32秒台の上がりを繰り出しても届かないレース。 休み明けの分も合ったでしょうし、血統的に兄弟をみてもキレした可能性もあったでしょう。 キタサンブラック を物差しに考えても素質はかなり高い馬だと思います。一度たたいて上積みあれば充分勝ち負けでしょう。

 

個人的に怖いなあと思うのはクリールカイザーです。

前走は東京2500mで逃げてダメでしたがいない前々走は得意の中山で果敢にいってゴールドアクターに僅差。

メンバーを考えれば能力的にはまだまだやれそう。あとは展開と衰えがあるかどうかでしょう。