共同通信杯 2017 展望

東京も雪が降ってきましたね。

果たして明日は無事開催できるんでしょうか。共同通信杯の展望と明日の注目馬です。

 

 

GⅢ 共同通信杯 東京芝1800m

 

注目馬

ムーヴザワールド

今回の本命は今のところこの馬です。
新馬戦はエアウィンザー相手に鋭い決め手で快勝。血統的にも仕上がり的にもまだまだ先を感じさせる状態ながらもあそこまでパフォーマンスを見せれたのは先々のスケールを感じられ好感をもてました。
2戦目の東京スポーツ杯は内枠で出負け気味、直線でスワーヴリチャード、ブレスジャーニーと叩き合うもわずかに伸びを欠いて3着でしたが、ほぼ差はなかったと思います。そしてこの東スポ杯は現状この世代上位レベルのレースだったと考えているので、この馬は恐らくこの世代の中心的な存在になるのではと思っています。
陣営は無理せずゆっくり成長させたいという方向性を示しており、ここから活躍できるかどうかは分かりませんが、スケール感、素質ではこの馬が1番ではないでしょうか。

 

スワーヴリチャード

こちらも東スポ杯組。前走の上位3頭では追い出してからの反応は1番よく見えました。その後の脚も比較的長く、ハーツクライ産駒らしく最後までしっかり使えるタイプでしょう。ムーヴザワールドを評価するならこの馬ももちろん上位評価で有力。

 

エアウィンザー

エアスピネルの下という事で注目されている馬ですが、エアスピネルより確かに折り合いなど苦労している面も少なく、兄譲りの才能を感じる部分もあります。ただどうも兄に比べて爆発的な能力はあまり感じず、気性面であまり激しさを感じないのもそのせいなのかもしれません。どうも気持ちが前向きでは無いという陣営のコメントもあるように、大舞台を勝ちきるだけの勝負心は備わっていないかも。
素質はありそうですが、現状では人気先行と感じせざるをえません。危険な人気馬を上げるならこの馬でしょうか。

 

 

わりと力が問われやすいコースだけに、本命はムーヴザワールドになると思います。

最後に土曜の注目馬を→
ランキングにて公開