鳴尾記念 2017 展望

今週から新馬戦がスタートします。

クラス編制もありますし、このタイミングでちょっと今週から有料の予想記事も始めようと思います。前もやりかけたんですが、止まっていたので。

基本的に内容は土曜日に上げている勝負レース×3レースを1記事にして販売しようかなと思っています。メルマガも考えたんですが、専業ではないので自分の生活リズム的に単発の記事の方がやりやすいかなあと。ブログの予想はなんだかんだ毎週上げれていますし。当たり外れの波はご了承を、、、。

レース予想は好きにやってるモノなんで、気にいってくださったら参考程度にご贔屓お願いします。

一応レジマグとnote両方アカウント作りました。どちらとも同じものを上げるので購入しやすい方からご利用ください。

note版→残り3ハロンの最終定理note版

レジマグ版→レジまぐ商品の購入はこちら!

 

ちなみに土曜日の勝負レース、重賞予想などは普段通り上げ続けるので引き続きよろしくお願いします。

 

 

GⅢ 鳴尾記念 阪神芝2000m

謎に古豪が多い

今回出走するのは10頭。その内1番若いのがキタサンブラックと同じ現5歳世代のスピリッツミノル、レッドソロモン、ミュゼエイリアン、1番上がキズナと同期の現7歳世代のラストインパクト、デニムアンドルビー、スマートレイアー、出走数が1番多い現6歳世代(イスラ世代?ゴールドアクター世代?)でスズカデヴィアス、ステイインシアトル、マイネルフロスト、パンドワゴン。

話題の4歳世代が一頭も出走しないというのはちょっと残念です。

こう並べてみてもかなり高齢。そして年の功だけあって、特に7歳のラストインパクト、デニムアンドルビーは試行錯誤された経緯が馬柱に見え、その馬柱は汚れ気味。ただ冷静に考えると、G1でも連になった事のある2頭なだけに、そもそもの能力はかなり高いものがあると思われます。

問題は、もう枯れたのかまだやる気があるのか。

ラストインパクトはドバイ帰りから特にぱっとしない要に見えますが、結構強いとことやってきた馬ですし、無駄に使われたダートは度外視可能でしょう。このクラスでは、昨年の勝ち馬サトノノブレスに快勝したこともあり、明らかに上位の存在。

デニムアンドルビーも中々勝ちきれない事から、ダートを使われたり短いところを使われたりしていましたが、適距離は宝塚記念2着、ジャパンカップ2着が示す通りこの路線。前走の阪神牝馬Sでは距離が短いながらもしっかり脚は使っていました。まだまだ走れる状態にはありそうです。

2頭とも今回面白いのは斤量が他馬と変わらない点。この2頭の人気次第では結構買ってみたいレースになるかも。

 

ただ、この路線の安定度で言えばこの馬が1番買いやすいでしょうか→