週末の予想結果 2017/6/24,25

週末のレース予想結果です。

 

 

まずは宝塚記念から

1着無サトノクラウン

2着無ゴールドアクター

3着△ミッキークイーン

と惨敗。◎シェケトラは4着でした。今回キタサンブラックを嫌い一円も買わなかったんですが、

◎シャケトラ◯レインボーライン▲ミッキーロケット△ミッキークイーン

と全く見当違いの印。ただ上の馬が来れなくて、サトノクラウン、ゴールドアクター、ミッキークイーンが来れたのはちょっと何やらレース内容が狙ったものと違うものになったような気がします。

ラップを見ると、中盤からいっさい緩まず単純なスローとは言えないのですが、序盤はかなり緩いペースだったと思います。そこからロングスパートと言えるのかどうか。

7Rの500万下のレースが中盤からほぼ12秒を連続させるラップ構成になっていましたが、G1のこのメンバーになるとこれぐらいのラップでもおかしくないのかなあという気もします。なのでハイペースとも言えないような。

そもそも昨年の宝塚記念も馬場を考えれば結構厳しい展開だったはず。という事はキタサンブラックの凡走は後半の厳しさやましてや馬場のせいではないのでは?というのが個人的な見解です。

そして一番思う事は、結果論ではあるかもしれませんがなぜ逃げない?という事。

ただここに、ある意味全てが詰まっているようにも感じます。もし体調面が敗因だったのなら、それを鞍上が気づいていたのなら、ここも逃げてタフなレースで押し切るだけの自信がなかったからという推測も考えてしまったり。あくまで推測ですし終った事なので結果は結果として。

ここも結果を残して、フランスへいって欲しい思いもあり、残念です。

あとシャケトラは今後どこで狙いましょうかね。ちょっと難しい馬になってきました。

土曜

函館7R 3歳上500万 芝1200m

◎ドゥモワゼル→10着
◯メイショウバーズ
▲ヒルダ
☆ネオフレグランス→4着
△グリーンバシリスク
△ヴィーナスフローラ→3着

 

東京10R 八ケ岳特別 芝1800m

◎アーバンキッド→3着
◯オンタケハート
▲ニシノジャーニー
☆ベストリゾート
△コスモナインボール
△シンボリタピット
△リカピトス→1着

 

阪神10R 出石特別 芝1400m

◎コパノピエール→3着
◯サプルマインド→1着
▲バーリオミノル
☆セイントバローズ
△ジョーマイク
△ダイメイフジ→2着

 

土曜日勝負レース 函館10R 湯川特別

◎エスケークラウン →10着
◯オリエントワークス→4着
▲アドマイヤメテオ→1着
☆ミッキーディナシー
△ヤマニンリュウセイ
×フォーラウェイ→2着
×ホウオウドリーム
×ロードキング→3着
×ファントムグレイ

 

函館11R 大沼S

◎テイエムジンソク→1着
◯タガノエスプレッソ
▲マイティティー
☆トップディーヴォ
△ジェベルムーサ
△モズライジン
△リーゼントロック
×メイショウスミトモ→3着
×ヨヨギマック

 

日曜

函館11R UHB杯 芝1200m

◎シンフォニア→9着
◯デスティニーソング→4着
▲ヴァッフシュテルケ
☆パラダイスガーデン
△ライトフェアリー→3着
△スズカプリオール

 

東京10R  清里特別 ダート1400m

◎サトノファンタシー→1着
◯バンケットスクエア→10着
▲アイアムナチュラル
△ファッショニスタ→2着
△タニセンジャッキー
△メイショウボンロク→3着
△オメガハイヌーン

 

 

東京11R パラダイスS 芝1400m

ここかなり綺麗に決まったので予想の参考に全文紹介しておきます。

 

◎ウインガニオン→1着
◯グランシルク→2着
▲ダイワリベラル
☆ロードクエスト
△アルマワイオリ→3着

やけにスピード色が問われてる感のある府中の芝コース。最後はそれなりにラップは落ちるものの、かなり速いラップが早めから連続するレースが多い気がします。

ここで1番強いのは恐らくロードクエストだと思います。が、どちらかというとマイルでの切れ味やギアチェンジが特徴的な馬。距離短縮でスピードを求められると良いタイプとはどうも思えません。

今の傾向を考えれば、この中で一番合そうなのはウインガニオンでしょうか。新潟ではダノンリバティ相手にも競り勝っており、決して引けをとるレベルではないでしょう。上手く逃げれるかどうか、上手くペースを引き上げられるかどうかが鍵になりますが、そこは津村騎手に期待。

対抗には同じステイゴールド産駒のグランシルクを。雨が降りそうな府中なら血統的には面白そう。

 

断然の1地番人気ロードクエストが飛んだ訳ですが。上の考察でも述べた通り、ロードクエストはキレやギアチェンジ力は優れたものはあるもののスピード色が問われるレースは向かないのではないかという読みでした。結果このレースのラップは以下です↓

12.6 11.4 11.7 11.5 10.9 11.0 11.8

最後から3ハロン目で10.9秒だいとかなり速いラップ。中盤も11.7-11.5と緩んだというにはちょっと速すぎる気がします。これはまあ個人的な感覚による意見ですが。

結果はロードクエストは差せなかった訳ですから読みは正しかったのかなあと思います。

この現象はたまに府中コースで現れるんですが、2000万馬券をだしたヴィクトリアマイルも同じような現象だと思います。これも馬場読みというんですかね?ラップをみてどのようなタイプのレースに傾向が偏っているか、そしてその馬の過去データからその馬がどのようなタイプの馬なのかを分析できればこういう当て方も出来ると思います。