桜花賞 2017 展望

まず先週の結果です。

コーラルS 

1着◯スマートアヴァロン 2着△マッチレスヒーロー 3着☆キタサンサジン

◎タールタンが弾けず、縦目となりました。スマートアヴァロン強いですね。重賞でどこまでやれるか早く見たいです。

ダービー卿CT

1着▲ロジチャリス 2着△キャンベルジュニア 3着無グランシルク

人気のグランシルクを嫌う予想だったんですが、◎マイネルアウラートがハナ差で粘れず。これはかなり悔しい結果です。ここが取れなかったのは痛かった。

大阪杯

1着◯キタサンブラック 2着△ステファノス 3着△ヤマカツエース

今年も現地参戦してきた大阪杯でしたが、本命マカヒキの末脚は爆発せず残念な結果になってしまいました。キタサンブラックはもうとてつもなく強いですね。全く危ない場面もなく完勝。どう足掻いてもこれには勝てなかったでしょう。

一方本命に推したマカヒキですが結果は4着。2コーナーから向こう正面に入ったところでアンビシャスに寄られたのかぶつけられたのか怯んで、外にふらついていましたりとありましたがそれを差し引いても完敗。大外枠を引いた今回、終始外を回らされる内容的には昨年の凱旋門賞とほぼ同じような運びになりました。

友道氏もルメール騎手も枠を敗因として上げていましたが、確かに内回りのG1のこの頭数で大外はかなり厳しかったと思います。しかもラップを見ても息が入らず、キタサンブラックが早めに仕掛けるレースメイクでコーナーから早い脚を使わさせられる展開。それを大外をぶん回して進出していけばかなり脚を削がれたでしょう。並の強い馬なら4着に来れているのなら強いと評価してもいい内容です。ただマカヒキに求められるのは並の強い馬のそれではありませんので残念な結果ですが、もう終わりや成長力がないなどと考えるのはまだ早計だと思います。個人的にはこの馬を狙うのは秋からだったなあと感じました。昨年の海外遠征の事などを考えるとやはりちょっとここは様子見でよかったと思います。申し訳ありません。

これまでこういうタイプの馬は大体春無理して怪我してしまうケースをよく見てきましたが、無事春を過ごして国内に専念すれば秋からよくなると思います。宝塚記念で狙うかどうかは現段階では枠次第と考えています。

 

 

GⅠ 桜花賞 阪神芝1600m

例年は外差し

桜花賞の時期までくると阪神の馬場はかなり内がやられ外差し傾向が出るのが例年の流れです。ブエナビスタやハープスターの大外一気もそういう傾向の恩恵がいくらかあったでしょうか。元々強い馬が実力通り差して来やすいコースですし、桜花賞は普通に強い馬は馬券に来ているイメージです。

ただ今年は現段階ではそこまで内が荒れている風にはみえず、そこまで傾向がでいるようには感じません。先行馬の活躍も何度かありましたし、今年はそういうレースにはならないかなあと思っていたら、天気予報を見ると週末に雨マークが、、、。流石に開催に合わせて雨が重なれば一気に変わってきそうです。となると例年通りの考えで良さそうかも。

 

注目馬

今年の牝馬は牡馬とは正反対でかなりレベルが高そうな馬がいます。イスラボニータ世代なんかと似たようなモノを感じますが、ハープスター、ヌーヴォレコルトのように抜けた2頭がいるのでここ中心になりそうです。

 

アドマイヤミヤビ

関東組の女王格で、3連勝でここに来ました。1戦目、2戦目と関東馬ながら遠征をして関西で勝ち上がりを決め手おり、遠征に関しては問題ないでしょう。3戦目では今年の牡馬のもっともレベルが高いと思われるカデナ、アウトライアーズに勝っています。もう牝馬では圧倒的で前走のクイーンCでも難なく勝利。かなり抜けた存在だと思います。あとはもう一頭関西の2歳女王とやってどれぐらいかでしょう。

 

ソウルスターリング

昨年の2歳女王で、阪神JFで負かしたリスグラシューとの再戦となったチューリップ賞での勝ち方を見ても、もうこのメンバーでは的はアドマイヤミヤビ一頭になると思います。怪物フランケル産駒で最初は胡散臭い気もしましたが、この戦績を見るに力は疑いようがありません。走りを見てもまだまだよくなりそうなスケール感を感じる馬なだけに、現段階でここまでの戦績を上げているのは末恐ろしい。レースもポジションを取れたり器用にこなしてきているので、ここも大崩れする事はないでしょう。負けるとすれば、早め先頭で甘くなった時に大外の馬に勢いよく抜かれるか、それこそよほどな不利を受けるかでしょう。

 

リスグラシュー

前走はいくら休み明けだったとはいえソウルスターリングも同じ条件で、あそこまで差があれば正直逆転は難しそう。逆に前走で気難しい面も感じられたので、ここは逆転を期待するというよりはどちらかと言えばあぶない人気馬という感じがします。上2頭が強いとして嫌うならこの馬になるのはまあ妥当なところですが、嵌れば力はありそうなので嫌いすぎるのも危険だと思います。

 

 

いまnetkeibaの想定人気では5番人気以下になっていますが、本当にこんな人気になるのか疑問で普通にこの馬もこれまでの戦績を考えれば上位に取れる1頭でしょう。→

アドマイヤミヤビには及ばないと思いますが僅差の競馬はしていますし、牡馬相手にも勝っています。ホントにこの人気なら結構狙ってみたいです。