東京新聞杯 2017 展望

まずは軽く先週の結果から。

根岸S

1着◎カフジテイク

2着 △ベストウォーリア

3着☆エイシンバッケン

ここは何とか的中といった感じ。ダートでなかなか追い込み馬を本命にするのは気が引けるんですが、たまれば不発の少ない末脚はこういう難解な面だと魅力的と言えば 魅力的ですね。

本番ではもっと難しい競馬になると思われますが、今の勢いなら昨年のノンコノユメのように後方一気決まっても。

ただ ゴールドドリームなど4歳勢がどこまで力を付けてくるか、後昨年の覇者モーニンがどこまで勢いを戻してくるかでしょう。基本的には絶対的な存在は出てきていないダート短距離界なのでいまだ戦国時代の模様は変わりなしでしょう。

 

シルクロードSは○ダンスディレクターが 連覇するも、ソルヴェイグは 撃沈。

ミッキーアイルが電撃引退でこちらはビッグアーサー一強ムードですが、ダンスディレクターも嵌まればチャンスはあると思います。

あとこちらもシュウジなどの4歳勢がどれだけ強いか 。

 

GⅢ 東京新聞杯 東京芝1600

 

昨年はスマートレイアーがまんまと逃げスローをそのまま押し切り勝ちました。

先週のレースをみても東京の芝は良好に見えますし、今年も昨年と似たような状態だと思います。ただ 一昨年はヴァンセンヌが差しきったりと展開自体は様々。

恐らくマイネルアウラートが逃げ、マイネルアウラートに有利な展開になりそうな気はしますが、 そこもエアスピネルの動き一つでガラりと変わるでしょう 。

あまり決め込まず柔軟に考えて行きたいと思います。

 

注目馬

エアスピネネル

久々のマイル戦になった京都金杯は道中酷く掛かりながらも完勝。この路線にもどればやはり能力が高いことを証明しました。G1でも活躍してきたフィエロなどが相手だった事も考えると、決してメンバーレベルは低くなく、道中コースも恐らく合うでしょうし、あまり崩れる所が 考えられませんが、ダノンプラチナが差し損ねた昨年もありますし、一概に信頼はできないかも。ただもちろん本命候補ではあります。

 

ヤングマンパワー

前走はG1の壁にぶち当たりましたが、チグハグな競馬だっただけにあまり気にする必要はないと思われます。前々走 同じ舞台で、イスラボニータ、ダノンプラチナに勝っているのは非常に評価できる材料です。いかにも東京マイルを走りそうなタイプで 昨年のような展開になれば間違い無く走って来そうな一頭だと思います。

 

ブラックスピネル

前走は枠の利を活かした2着に感じました。もともと立ち回りは上手いだけにそれが嵌った感じだと思います。あまり切れる脚はないタイプですが脚は長く使えると思います。前々で競馬できれば面白いと思いますが、前走のような感じだと詰まる可能性も。あとは出来ればひと雨あった方がいいでしょうか。

 

 

まあここは普通にエアスピネル強そうですね。特にめぼしい穴馬もぱっと見感じられないので、そこまで勝負するレースでは無さそうです。

 

最後に宜しければ応援クリックお願いします→