日本ダービー 2017 枠順&注目馬

本日は勝負レースの百合Sが1着☆サトノクロニクル2着◎クリノヤマトノオー3着◯ゴールドハットと、ドンピシャで決まってかなりいい一日でした。

いよいよ明日はダービー。予想は明日の朝に上げます。その前に前日での見解と各馬の短評を軽く。

 

GⅠ 日本ダービー 芝2400m

 

1枠1番 ダンビュライト

難しい馬のイメージですが、G3、G2、G1とここ3走は安定して3着。ただ、2着にも1着にもなれなれいところがこの馬のタイプを表しているようにも。自分でどうにか出来る速い脚や脚力は備わっていなさそうで、上手く展開を掴んでどうにかというところでしょうか。府中の2400というタイプにはあまり感じません。

1枠2番 アメリカズカップ

こちらも府中2400は気性的にも脚質的にも合わなそうで今回は厳しいでしょうか。

2枠3番 マイスタイル

弥生賞では逃げて2着でしたが、皐月賞では上手く行かず大敗。弥生賞自体がそこまでレベルが高かったとは思えず、今回も厳しいレースになりそう。

2枠4番 スワーヴリチャード

皐月賞は高速決着の中大外を回す論外な騎乗。今の府中2400ではかなり良い枠を取りましたが前走も内枠だっただけに、同じ事すれば危ういかもしれません。能力は非常に高いですが、ちょっと堅いところがあり、よくなるのはもう少し古馬になってからでしょうか。

3枠5番 クリンチャー

皐月賞は13番人気ながら先行策がはまり4着。この枠で先行できればかなり面白い存在になると思います。ただあまり早い脚がないのが難。

3枠6番 サトノアーサー

能力、というより身体能力というべきでしょうか、もうほぼそれだけで走っているような馬で持っているものはメンバーイチのものでしょう。問題はそれを発揮できるかどうか。上手く運び発揮できれば、すんなり上位にはこれる力です。

4枠7番 アルアイン

皐月賞をレコードで鮮やかに勝利。クラシックの本番できっちり活躍するあたりはドバイマジェスティの期待馬らしい。前走の結果を真面に受け取ると強い。

4枠8番 トラスト

総帥の夢も流石に今回も厳しそう。

5枠9番 マイネルスウェーン

何方かと言えば、トラストよりこちらの方があってもおかしくなさそう。ただ、上位とは一枚足りない印象です。

5枠10番 ベストアプローチ

前走青葉賞は2着も勝ったアドミラブルには全く及ばずという内容。相手関係がこの世代はホントに掴みづらいだけにどれほどのレベルが1番分かりにくい馬の一頭ですが、見た感じ馬は人気ほど悪いとは思いません。

6枠11番 ペルシアンナイト

アーリントンの時計、内容を見てもレベルは高そうだった馬で、その通り皐月賞はきっちり2着。力はあると思いますが、距離はながいでしょう。

6枠12番 レイデオロ

前走皐月賞はなにげに3角、4角ほぼ最後方から内を果敢に追い込んで5着とかなり良い脚を使っていました。これを見る限り実力はメンバーでもトップクラスのもでしょう。府中2400変わりは良さそうで、実力と枠を考慮するとこの馬が1番良いようにも見えます。その分人気もしています。

7枠13番 カデナ

前走は早めにポジションを取りにいったせいか、終いの脚がいつものものではなく、9着。弥生賞はレベルが高いとは思いませんが、その中でこの馬は別次元の内容でした。力は高いものがあるでしょう。前走は感覚的にも中山2000の皐月よりタイプ的にダービーだろうなあと感じていただけに、前走の結果は納得といえば納得できるもの。ここは条件は間違いなく好転してくるでしょう。

7枠14番 ジョーストリクトリ

流石に距離が長い。

7枠15番 ダイワキャグニー

前走の勝ちは好内容も流石にメンバーレベルが格段とあがってきそう。枠もよくはないでしょう。

8枠16番 キョウヘイ

最後方からの脚が魅力な馬なだけに距離延長は面白いかもしれませんが、流石に延長しすぎだと思います。

8枠17番 ウインブライト

この馬は非常に面白いとおもいますが、府中の2400はどうでしょうか。走りや血統からは長いほうが良さそうですが。枠的にも積極的な競馬を見てみたい。人気を考えれば1番買いたい一頭。

8枠18番 アドミラブル

喉なりの影響で王道とは言い難い青葉賞からの参戦。ただ府中の2400mをなんの問題もなく圧勝したところを見ると相当な器を感じます。かなり強そう。枠は試練。

 

 

正直皐月賞が個人的には全く参考外だろうと思っているので今回は非常に難しい。皐月賞をノーカウントとして見るならやはりこの馬が買ってみたい一頭です→