安田記念 2017 展望

まずは先週の結果から。

土曜日勝負レース 京都10R 百合S 芝1800m

1着☆サトノクロニクル 2着◎クリノヤマトノオー 3着◯ゴールドハット

ここは◎◯☆の上位3頭で綺麗に決まり完璧な的中でした。クリノヤマトノオーは前走の好走にも関わらずそこまで人気していなかったので非常においしかったです。

日本ダービー

1着無レイデオロ 2着△スワーヴリチャード 3着◎アドミラブル

またもや本命はくるものの、相手が悪く、、、。サトノアーサーはスローに泣いた感じですね。アドミラブルは、レイデオロが動いたところで動けばもっと上はあったかもしれませんが、あそこで動ける騎手なんてほぼいないでしょう。これはルメール騎手の勘に負けた形。それでもデムーロ騎手も後方なりにはロングスパートで、馬も最後まで止めずに追い続けたのを見るとやはり相当強いです。最後は11.5 -10.9-11.4ですからね。10.9で使い切って最後伸びなくてもおかしくないんですが。並の馬ではないんでしょう。

目黒記念

1着◎フェイムゲーム 2着◯ヴォルシェーヴ 3着無ハッピーモーメント

ここも◎◯で本線的中!日本ダービーの分はとりかえせましたかね?笑

フェイムゲームは見事な復活。展開も向いたのもよかったですが、じっと馬を信じて溜めたルメール騎手のこれまた勝負運の強さ。3着が無印だったのはかなり悔やまれます。もっと印をまわすべきでした。

 

今週は総じてG1が当たらない以外はいい結果だったかと。気づけばもう最後で府中も一つもG1とれていません。本命は一度も外してない?ですが(人気に打っているのであたりまえですが)何とか最後はとりたい、、、。

 

GⅠ 安田記念 東京芝1600m

世界の安田記念

オークス、日本ダービーとクラシックの華やかなレースが続いて、いきなり漢字4文字の地味な名前のG1でシメとなる府中開催ですが、近年世界またにかけ活躍する名馬が走っています。グランプリボス、ロードカナロア、ジャスタウェイ、モーリス。

ただモーリスがさってからこの路線はかなり微妙。昨年、香港に参戦したモーリスが回避したマイルCSを見ても、スプリント路線に転向して活躍していたミッキーアイル、中距離から参戦のネオリアリズム、しかもディサイファ(不利さえなければ上位だったでしょう)にさえ走られる体たらくぷり。

この路線で今安定してかつ強いのはイスラボニータでしょう。この馬も長い事中距離を使われてきましたが、そもそもマイル向きだと思っていたのでマイルに来たら案の定有力馬になりました。

ここに新勢力が台頭してくるかというところ。

エアスピネル
グレーターロンドン
ブラックスピネル

などなど。

あとは中距離からの参戦組アンビシャス、ステファノスがまたしてもこの路線を浸食してしまうんでしょうか。

はたまたマイルで化けてから今ひとつ勝ちきれないサトノアラジンの意地が見れるのか。

個人的には以外とダービーよりも楽しみな一戦です。ここからまた世界へ羽ばたく馬が現れる可能性も!

 

注目馬

イスラボニータ

昨年の安田記念は5着。そこで長い事続いた蛯名との暗黒時代は終了しルメール騎手メインに変わってからは一度も連を外さないという破竹の快進撃。ルメール騎手もこの馬を完全に手の内にいれていそうですし、この馬も府中の舞台は悪くなさそう。ルメール騎手4週連続もあるかもしれません。

エアスピネル

無理しても出続けたクラシックが終わり、マイルで自分の道を進み始めてからはやはりというような強さ。少しかかる面も最近は見られますが、ペースが上がりやすい安田記念なら問題ないでしょう。府中の長い直線は悪くないはずです。これまでのレースをみてもココまで安定していればまず大崩れは考えづらい。

アンビシャス

ドゥラメンテの2着、キタサンブラックには先着と昨年は同期のG1馬に迫る力を見せていましたが、近走はいまひとつ馬券や勝ちまでは詰め切れない感じ。思い切った距離短縮は非常に面白そうです。ただ中距離でも後ろから行く馬なだけに、いきなりの距離短縮でどこまで弾けられるのか。外も伸びやすそうだった先週の馬場継続ならチャンスは増大。

 

個人的に出てくるなら面白そうなのはこの馬→

昨年の秋を見ても、京都の1600であそこまで走れるのなら、むしろ東京1600の方が面白そう。あとは枠に恵まれれば。