天皇賞春 2017 予想

天皇賞春の予想です。

 

 

天皇賞春 2017 指数

 

京都11R GⅠ 天皇賞春 芝3200m

◎キタサンブラック
◯シュヴァルグラン
▲シャケトラ
☆サトノダイヤモンド
穴ファタモルガーナ
穴ヤマカツライデン
△アルバート
△ゴールドアクター
△レインボーライン

 

本命はキタサンブラック

前走の大阪杯は圧巻でした。パドックでも一頭馬格が違っているように見えました。もう現役最強は間違いなく、歴代を見ても稀な名馬でしょう。

今回は昨年カレンミロティックにハナでぎりぎり勝った舞台。昨年よりもさらにマークはキツくなりそうで、去年のハナ差を考えるとかなり厳しい戦いを強いられるでしょう。

展開はヤマカツライデンが行く事は間違いないはずで、この馬がビートブラック並の逃げを打つと思います。ただ12番人気の馬をいちいち気にする事はないと思いますし、なにより鞍上は天才武豊です。この人の逃げはとにかく芸術的で精密機械のように時計を刻んでいくのが特徴。過去にアドマイヤメインを宣言通りの時計で菊花賞を走りきったり、昨年の天皇賞春も前半を宣言通りのペースを刻んでいました。

今回もキタサンブラックを信じ、これぐらいのラップを刻めば勝てると目処をたてているはずで、たとえヤマカツライデンがとんでもない逃げをしたところで、見た目に惑わされずきっちり自分のレースをするはず。

むしろ、そう言う状況になった時に焦りやすくなりそうなのは後続でしょう。

キタサンブラックが前にいてその前にヤマカツライデンがいる訳ですから、見た目には動きたくてしょうがなくなるはずです。

サトノダイヤモンドやゴールドアクターと外の馬は動ける外にいながらそう言う状況になるわけですから余計にキツい展開になりそう。

という訳でサトノダイヤモンドは評価を少しさげました。

逆に評価を上げたのはシュヴァルグラン

スタートは最近悪くないですし、この枠な内目の良いポジションをとれるはず。昨年も惜しい場面はありましたし、頭までは厳しいも馬券には十分絡んできてもおかしくないでしょう。

シャケトラはスタートがよくないイメージでポジション取りでマイナスになる可能性も。能力や背負う斤量には全く問題ないと思います。

 

推奨馬券

3連復フォーメーション ◎-◯☆-印へ

馬連流し ◎-◯▲☆

ワイド ◎-穴