大阪杯 2017 展望

ここ2週間ほど急に忙しくなり更新回数が減っておりましたが、やっと時間もとれレースも見返す事も出来たので、早速先週の結果から

土曜日勝負レース 中山7R

1着△サクレディーヴァ 2着◎ウェイアップハイ 3着無ライムチャン

ここは◎ウェイアップハイが来るも相手が悪く残念。マイティーハニーが大分体調が悪そうだったのが痛かったでしょうか。

日経賞

1着△シャケトラ 2着無ミライヘノツバサ 3着無アドマイヤデウス

新星シャケトラが見事重賞初制覇、ゴールドアクター、ディーマジェスティなどが確かに先を見越した状態だったともしても、かなり強い勝ち方でした。正直前走からは考えられないほど内容は数段とレベルアップしています。馬場でしょうか。この馬はかなり強いと思います。

毎日杯

1着△アルアイン 2着◎サトノアーサー 3着無キセキ

サトノアーサーはまたも届かず。それでも良い脚でしたが、シクラメン賞から比べるともう一段階ギアがあったはずで、それが出なかった感じです。素質はやはりこの世代一のモノを感じますがどうも不器用すぎますね。同厩舎のアルアインは前走の鬱憤をはらす見事な勝利。これでクラシックへ。

高松宮記念

1着無セイウンコウセイ 2着△レッツゴードンキ 3着☆レッドファルクス

セイウンコウセイが新短距離王に。2、3着は混戦と言われていた割には順当な結果に。セイウンコウセイは前走ダンスディレクターの強さにくらまされ拾えていませんでした。申し訳ありません。

マーチS

1着▲インカンテーション 2着◯ディアデルレイ 3着無アルタイル

インカンテーション復活。この馬は怪我さえなければそれなりのところまで行けていたと思います。この復活にはちょっと胸が熱くなりました。アスカノロマンは結果的に無理なペースで、最後完全に脚が止まっていましたが、それでもああいう競馬をした方が強いですね。一瞬淡い期待を抱いてしまいました。

 

G1 大阪杯 阪神芝2000m

 

ステップレースからG1へ

今年がG1としては第1回目になる大阪杯ですが、早速フルゲート割れという切ない状況に。まあこの次期はドバイに行く馬もいますし、しょうがないと言えばしょうがない。とはいえマカヒキやアンビシャスがこのレースを選択してきてくれているのはG1に昇格したおかげでしょう。

基本的に前哨戦ということでこれまではユル仕上げで有力馬が来て、スローペースに泣かされたり、きっちり仕上げてきた馬に出し抜かれたりと言う事がありましたが、それも全部前哨戦だったから、今年からG1という大舞台に鞍替えされる訳です。全馬タイトルは取れるもんなら欲しいでしょう。過去の傾向は全く当てはまらないと思います。

今回出走馬を見てまず思うのは、明確に前へ行く馬が何頭からいる事。

コーナー4つの内回りG1で先行馬が揃うとなれば、それなりに激しい展開が考えられます。同じ2000mのG1なら皐月賞と天皇賞秋があります。皐月賞は3歳戦なので参考になるかは微妙ですが、それでも基本淀みのない激しいレースになります。天皇賞秋も昨年もそうでしたが本当にポテンシャルが問われる強い馬が来るレース。ただ天皇賞秋とはコース形態が大分違いますから、どちらかと言えば昨年の宝塚記念よりのレースになるんじゃないでしょうか。キタサンブラックはあのペースで3着に残りましたが、昨年よりレベルが高そうな馬が何頭かいます。是を3着に残せるかはちょっと今回ばかりはそこまで信用できないかもしれません。

 

注目馬

キタサンブラック

この馬は現役最強と言ってもいいでしょう。有馬記念も一身に全馬のマークを受けながら2着に残る渾身の走り。サトノダイヤモンドでさえ合わすと危ないと考え馬体を離して追った訳ですからまさに驚異。近走はほぼ逃げての競馬ですが、基本逃げなくても良いタイプで、今回もマルターズアポジー、ロードヴァンドールといればこれを無理して逃げるのかどうか。ただスタートセンスも驚異的に早いのであっさり前へ行ってしまう可能性も。展開的にはやはりかなり厳しい立場ですがこの馬が潰れるとなると相当な状況になっていると思います。

 

マカヒキ

完全に評価を落した3強の2頭の内の1頭。前走はスマートレイアーにさえ負ける3着。それでも直線入りはオッと感じさせる走りでやはりマカヒキは健在だなと感じましたがそこから追ってもう一つ伸びキレず。あともう一段階伸びてるはずの馬でそれが出来なかったのは休養のせいか馬場のせいか。どちらもだと思いますが、今回の取り捨てはやはり最終追い切りを注意した方がよさそうです。流石に叩いて上積みは期待したいですが。展開的には凱旋門賞でも究極のポテンシャル戦で敗れているように、もし激しい展開になるのなら向かないはずで、そう考えると危ないと考えざるえないでしょうか。(因にスマートレイアーは結構強い馬だと思います。)

 

サトノクラウン

前走はマカヒキ、スマートレイアーの追撃を打ち砕き連覇。香港に続き連勝でした。力はある馬ですが、どうも好走条件が限られるタイプで、ここはどうなのかなあというところ。平坦、ペース、馬場と前走は相当揃ったようにも感じます。

 

ミッキーロケット

日経新春杯でやりやったシャケトラが先週かなり強い勝ち方をしました。そう考えるとこの馬もそれなりに評価しないと行けない訳です。前走は差し込むには厳しい馬場と展開に泣かされた感じでした。もし激しい展開になれば間違いなくこの馬に1番向くと思いますし、大物食いがあってもおかしくないでしょう。

 

この中から現段階での本命候補はこの馬→

ランキングにて公開
昨年の惨敗は脚が溜まらなかったから。ポテンシャルが問われる展開でも脚さえ溜めれればクラシック初戦の末脚を見ても十分やれるでしょう。そして秋の敗戦を知っている鞍上に変わるのはプラス。キタサンブラックの強さも知っている鞍上です。あとは騎手がどこまでこの馬を信じられるかどうかでしょう。最後だけで飲み込めるだけの絶対的トップスピードとその持続力は持ち合わしているはず。キタサンブラックが1番苦手なのはこういう外から絶対的な瞬発力で差して来る馬だと思います。

 

個人的な話ですが、今回の大阪杯は昨年に続いて現地へ行く予定なので、ちょっと気合い入れていきたいです。