函館SS 2017 展望

先週の結果から。

 

土曜日勝負レース 阪神11R 安芸S ダート1400m

1着◯キャプテンシップ 2着無サクラフローラ 3着▲カネトシビバーチェ

◎ブラインドサイドは直線で窮屈なところへいってしまったせいか惜しくも4着でした。残念。

GⅢ マーメイドS

1着◎マキシムドパリ 2着▲クイーンズミラーグロ 3着無アースライズ

ハナ差4着のキンショーユキヒメが来ていればかなり美味しい馬券を的中できていただけにここも悔しい負け。マキシマムドパリはこの路線では安定して強いですね。トーセンビクトリーは詰まったのも大きかったですが、手応え的にも突き抜けていたかといわれれば?な部分もあったと思います。

GⅢ エプソムC 

1着無ダッシングブレイズ 2着◯アストラエンブレム 3着△マイネルハニー

◎ヒストリカルは内に進路をとるも、やはり伸びにくいのか全く弾けず。あの位置から外を回すのはキツかったかもしれませんが、脚を使わせれなかったのは不満が残る騎乗でした。勝ったダッシングブレイズは不調のきっかけになった事故のあった府中コースで見事復活。ただこの結果は真に受けない方がいいと思います。

 

今週は総じて調子がよくありませんでした。ただココで焦っても負けるだけです。勝負は平常心で。

 

 

GⅢ 函館SS 函館芝1200m

詰まれば終わり

いよいよ春競馬も終わりが近づき、とうとう夏競馬がスタートしようとしています。ここからはローカル競馬場の癖のあるコースでの勝負が増え、一層難しくなりそうですが、去年はここから回収率をぐんぐんのばしており個人的には得意な時期なのかもしれません。

ひとまず函館競馬場が開幕、一発目が函館SSです。

直線の短い小回り洋芝コース。昨年はインを立ち回ったソルヴェイグ、シュウジの現4歳(当時3歳)世代が制し強い世代というのを印象づけられたレースでした。

その前の2年はティーハーフ、ガルボ差し馬が台頭しました。となると外差し有利かと思われたところに昨年のイン決着。ティーハーフの年はアンバルブライベンこそいたもののそこまで強い先行馬はおらず、しかもペースが上がったため外の馬が伸びて来れました。ガルボの年はストレイトガールという希代の快速牝馬が内でどん詰まりを起こし撃沈した結果。

ティーハーフの年も何頭か内で詰まってごちゃついていましたし、とにかくこのレースは詰まる事が多い。

昨年のスプリンターズSのビッグアーサーしかり、短距離は詰まればそこで終わりです。

ただ予想で直線詰まるかつまらないかを読むのは非常に難しく、しっかり能力比較をして上手く行った時の精度を上げていくしかないでしょう。

 

注目馬

セイウンコウセイ

年明けから一気にG1奪取した4歳世代の新鋭スプリンター。ビッグアーサーとやってどうかは分かりませんが、現状のスプリント路線なら高松宮記念の結果が全てだと思います。後は函館の芝が合うかどうか。レベルの低い高松宮記念よりもさらにレベルの低そうなここは何枚かは上でしょう。

 

シュウジ

阪急杯の敗戦から、かなりリズムを崩している感のある当馬。その前はイスラボニータに先着するなど強烈な成績を残してきただけに、何とも読みにくい馬ですが、スピード色の強いパワフルな走りで中京の芝よりか函館のここの方が合いそう。メンバーもかなりレベルがおちますし、復活あっても。

 

ブランボヌール

こちらも昨年の夏のスプリントシリーズではあっと思わせてくれましたが、それからがイマイチ。牝馬なので牡馬よりも立て直しが難しそうでそうですが、力はどうみても上位。

 

上の3頭は抜けて強そうですが、一頭よくわからないが不気味なのがこの馬→

準オープン勝ちの内容が優秀。その次走の凡走は上手く前にいけなかったせいでしょう。スムーズに自分のペースで運ばれればしぶとい相手かも。