京都記念 2017 展望

まずは軽く先週の回顧から。

きさらぎ賞は1着無アメリカズカップ2着◯サトノアーサー3着▲ダンビュライトで無惨な結果に。

馬場が特殊だったというのもありますが、まさかアメリカズカップに勝たれるとは。かなり難しい世代です。アメリカズカップが今後皐月賞やダービーで活躍するイメージは全く湧かないのですが、サトノアーサーはまだしもダンビュライトあたりもかなり厳しい現状ですね。素質はあると思うので無理してクラシックを考えるより長い目で見てみたいタイプです。

サトノアーサーは今後皐月賞に直行でしょうか?賞金的にはギリ足りそうな気がしますが。あと一回見てみたい気はしますが、この時期にあまり使い詰めはしたくないでしょう。

 

東京新聞杯は1着△ブラックスピネル2着◯プロディガルサン3着◎エアスピネルでした。本命対抗来ましたが、本命からの馬連メインだったので個人的にはダメでした。参考にされて当てた方いればおめでとうございます。

ブラックスピネルといえば音無師の謎の拘りで溜める競馬をしていたがゆえにクラシックには乗れなかった馬。そんな馬が逃げて重賞を勝つとはなんだか皮肉なものです。キレはしないものの脚は長く使えるタイプだっただけに、前に行く戦法が上手く嵌りましたね。

にしてもこのレース最後の3ハロンのラップが10.9-10.8-11.0とえげつない上がりでした。

後ろから追い上げたプロディガルサンもエアスピネルもこんな上がりのなかよく最後まで前を追ったなあと思います。少しでも離されると止める馬もいますから。

 

 

 

 

GⅡ 京都記念 京都芝2200m

 

注目馬

マカヒキ

昨年のダービー馬のレースがやっと日本で見れます。
暮れの有馬記念で無敵のキタサンブラックにサトノダイヤモンドが勝利。そのサトノダイヤモンドを物指しに考えれば力は間違いなく現役最強クラスでしょう。こんなところで負けてはいられない馬ですが、キズナが届かなかったり、ハープスターが
詰まってもがき苦しむ事もあるレース。しかも休み明けで目標が先にあるのも考えると安易に信用していいものかという考えも。
その上今週末の京都はまた雪マークで、ただでさえダメージのある今開催の京都の馬場が更なるダメージ特殊な馬場になる可能性もあります。
そういう事もあってかnetkeibaの想定オッズはまさかの2倍と1倍台にもならない数字。恐らく当日はかなり複勝が売れると思います。この馬の妙味を考えると単勝がおいしくなるでしょうか。
頭で狙えるかはもう少し考えたいところですが、たとえ条件が悪くとも、馬券を外す確率が高いとは思えず中心視することは間違いありません。

 

ミッキーロケット

前走日経新春杯はかなり特殊な条件のなか、同世代ながら斤量差のあったシャケトラとの叩き合いをハナ制し自力の強さを証明しました。昨年サトノダイヤモンドに迫った脚はフロックではなく本物でクラシックこそうまくいきませんでしたが、成長したいまとなっては世代上位の存在でしょう。ただやはりサトノダイヤモンドとの差は明確にあったのは事実で、マカヒキとの比較を考えるとやはり力差があると考えるのが妥当でしょうか。
条件としては中距離戦向きの持続力があり、いいと思います。

 

サトノクラウン

昨年の勝ち馬ですが、昨年は正直メンバーレベルが微妙。とはいえ香港で勝っているので力はあるような気もします。香港のレースのレベルが高かったかは謎ですが、ハイランドリールに勝っている事を考えると、凱旋門賞でマカヒキが負けた相手ですし、レベルは高いと考えても良さそうな気はしますが、この馬自体かなりムラがあるタイプで嵌らないとなかなか難しいところを成績をみると感じてしまいます。レース自体も日本のレースとはまた違うものを問われていたでしょうし、エイシンヒカリを見ても世界の中距離戦を安易に信用するのは危険と思います。

ヤマカツライデンがいるので似たような展開にはなるでしょうが、ビッグオレンジがつついてくれたおかげもあったでしょう。

 

やはり注目はこの馬になりますね→

ただ、前走の経緯からもこちらも再度注目→

休み明けで、色々ありゆるかった部分もあったでしょうし叩いて息もできてこれば一発をまた期待いてみたい。マカヒキが負けるとすればこういう馬ではないでしょうか。