チャンピオンズC 2016 予想

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%bac-2016-%e6%8c%87%e6%95%b0

 

ここはかなり決め打ちに近い予想にしました。
展開は、内はかぶされたくないアスカノロマン、逃げたいモンドクラッセが前へ、そとからコパノリッキーも巧く行ければ前へ、モーニンも前走で揉まれていい事はないということは十分判明したのである程度前目で運ぶのではと思います。
いま並べただけで、結構前に行く馬がいそうな気もしますが、ちょっとひねって考えてみました。

そもそもアスカノロマンはそこまでして前を取りにいくでしょうか?
東海ではモンドクラッセに行ってもらっていますし、そこまでテンが早い馬でもないので、モンドクラッセがすんなり行くなら行ってもらって番手でもといいはず。前走の敗因も絞れてなかったかな?という揉まれるスムーズに運べなかったとは全く関係ないコメント。

昨年は外に1400mから参戦のコーリンベリーがいて、この馬はスピードをいかさなければそもそも意味がない感じでしたし、もう1頭外にいたクリノスターオーはなんとしても行かないとダメなので行くしかない馬でしたし、そこにさらに外からガンピットがコパノリッキーに絡んできたおかげでかなりペースが上がりました。
コパノリッキー単体ならそこまでペースは上がらなかったでしょう。

今年はコパノリッキーは外。
外から出していくといっても揉まれなければ別にわざわざペースを押し上げる必要は全くありません。
この枠ならそれができるでしょう。
そうなれば別にコパノリッキーはある程度出していく程度で良いでしょう。

モーニンも追い出す時に極端に揉まれなければ問題ないでしょう。

そもそも、前の馬もペースを押し上げたところで、アウォーディーのアシストをするだけで何の得もないはずです。
という事で、そこまで厳しい展開にならないんじゃないか、という前提に基づいての予想です。

 

中京11R チャンピオンズC

◎モーニン
◯アウォーディー
▲ゴールドドリーム
☆コパノリッキー
△サウンドトゥルー
△ノンコノユメ
△ロワジャルダン
△アポロケンタッキー

 

本命はモーニンに。
前走の敗因はスムーズではなかった事、59キロという斤量が追い出しで一歩遅れてしまい揉まれてしまった事だと思います。敗因は明らかです。そしてその上でこの枠はこの馬に取ってプラス。戸崎騎手も前走で痛いほど分かったでしょうし、又もや同じ過ちを繰り返すとは思えません。
そして、今回明らかにアウォーディー1強ムードというのもこの馬にプラスだと思います。
全馬注意が後ろのアウォーディーに行けば、後ろが有利になる展開にはしたくないでしょうし、後ろからいく末脚有力なノンコノユメ、サウンドトゥルーもアウォーディーを前に見て、アウォーディーに併せて動いていきそうで、その動きを前々で利用できればかなり良いレースを組み立てれるんじゃないかとかんじます。

 

不安視されている距離は、日本テレビ盃のレース内容からこなせると思います。
その時の相手もアウォーディーでした。
JBCでもだれも歯が立たなかったあの馬に、斤量を背負いながら接戦を繰り広げたこの馬なら一発打ち負かすチャンスを秘めていると期待して。
秋は全くの戸崎騎手もそろそろあっても。

 

対抗は流石にアウォーディー。
ただ、やはり内枠というのはマイナス要素でしょう。
同じく内枠からになったシリウスSでは一旦下げて外にだしていました。
今回もそうするしかないようにも思いますが、一旦さげると、ノンコノユメ、サウンドトゥルーのマークをもろに受ける事になります。楽に外には出してもらえないでしょう。
とはいえ、ここまでの力は本物。
ここも是までのようにあっさり勝ってしまってもおかしくありません。

 

ゴールドドリームは出来れば内がよかった気がしますが、この枠でも好位ですすめ巧く追い出せれば出し抜けも可能でしょう。
前走は直線は入りで、外の馬にぶつけられながらも怯まずにはねのけて抜けてきたところは好印象でした。
しかも追い出してからの数メートルでかなり速い脚を使っていたように感じました。
能力は相当なものがありそうです。
まだ3歳馬ですが、古馬の厳しいペースでは難しくとも、楽なペースならいきなり一発あっても。

 

 

推奨馬券

馬連流し ◎-◯▲☆
3連復フォーメーション ◎-◯▲☆-印へ

ボーナスで
3連単フォーメーション ◎-◯▲☆-◯▲☆

 

ランキング