スプリングS 2017 展望

地方の2重賞は散々な結果に、、、申し訳ありません。

ちょっと流れが悪いので、この3日開催で何とか取り返したいです。

 

GⅡ スプリングS 中山芝1800m

 

弥生賞よりスプリングS

スプリングSは弥生賞と同じく皐月賞のトライアルレースですが、距離は弥生賞、皐月賞より1ハロン短い1800mに設定されています。昨年こそマウントロブソン、マイネルハニー、ロードクエストと上位メンバーは皐月賞で活躍できませんでしたが、昨年は世代の上位レベルが明らかに高かったせいでしょう。過去を見返しても、近年で2年前のキタサンブラック、リアルスティールやロゴタイプなどそれなりに皐月賞で活躍する馬を輩出しています。これについてまず言われるのは去年も考察で書きましたが、1ハロン短い分、流れがよどみなくなり本番に近いペースを経験できるからというラップの観点からの考察です。

一概に全てにおいてそう言える訳ではないので、今年もそうなるかどうかは分かりませんが、今年は散々言われているようにメンバーレベルが微妙。そういう時にこそこういったデータが当てはまるかもしれません。

と、先の話はココまでにしておいて、肝心の今年のスプリングSについて考えて見ましょう。というより、ここは今年の世代について考えてみた方がいいかもしれません。

この世代で個人的に上位だと思っているのは西はカデナ、サトノアーサー、東はアウトライアーズ、レイデオロ、プレスジャーニーは謎という感じです。

あくまでも経験則てきな意見ですが、おそらく朝日杯はレベルが高くない!

 

注目馬

サトノアレス

2歳チャンピオン満を持して始動と言ってみたいですが、なんだか今年はそんな言葉が適切ではないような気もします。朝日杯は見事な勝利で、この世代では相対的に上位の馬だと思います。が本当に上位なのかと言われれば正直?なところで、想定で1倍台に推されているのは過剰だと思います。もちろん相対的に上位の馬なので来ても不思議はないですが、今回は充分疑ってみる価値はあるんじゃないかなあと思います。

 

アウトライアーズ

上でも述べた通り、このメンバーで1番能力を感じるのはこの馬です。小島茂厩舎ということでなんとなく昨年のロードクエストとダブる感じもします(個人的に)。前走は特別戦ですがメンバーに決して恵まれた訳ではなく、ここにも出走してきているエトルディーニュやウィンブライトもいます。3着のナイトバナレットは次走のジュニアCでレベルが違う勝ちっぷり。そのレースを数値的にも余裕がある内容で勝っているのでここでは相当な能力だと評価しています。本命候補。

 

トリコロールブルー

この馬は新馬戦の勝ちこそ目を見張るものがありましたが、この組の他の馬のその後が正直微妙。前走もそこまで抜けた勝ち方ではなく、ここまで評価されるのなら十分嫌ってみたい馬です。勢いのある鞍上は不気味ですが、それも人気を押し上げる要因となっているのなら逆手にとるのも面白いかなあと思います。

 

 

モンドキャンノは恐らく距離が長いでしょう。中山の1800ならできるだけ先行する馬を狙いたいと考えると、エトルディーニュ、プラチナヴォイスあたりが面白いと思います。

能力だけで考えてトリコロールブルー、サトノアレスより上にとれるかなとなるとこの馬でしょうか→

前走はメンバーレベルが微妙とはいえ余裕の勝ちっぷりでレベルが上がっても通用しそう。ただアウトライアーズまでは届かないという印象です。