オークス 2017 展望

先週の結果です。

 

土曜日勝負レース 3歳500万下ダート1600m

1着無アンジュデジール 2着△アポロマーキュリー 3着◎レッドアトゥ

本命はレッドアットゥは来るも相手が悪く。なんとも悔しい。雨が降っていなければ違った結果だったでしょうか。

 

GⅡ 京王杯SC 

1着△レッドファルクス 2着無クラレント 3着◯グランシルク

サトノアラジンは雨の滑りやすい馬場もあわなかったでしょうし、スローな展開も向かなかったでしょうし、進路があかず内にキレ込んだのも爆発力を削ぐ結果だったでしょう。安田記念で人気が落ちるなら買いたいですが。ここも雨じゃなければ◎クラレントの予定だっただけにチグハグな結果になってしまいました。

 

GⅠヴィクトリアマイル

1着△アドマイヤリード 2着×デンコウアンジュ 3着◎ジュールポレール

あえて本命をジュールポレールにしたまではよかったのですが、またもや相手が悪く悔しい結果に。先週のNHKマイルといい本命は来ているんですが相手が悪いというのが続いています。特に今回はデンコウアンジュまで抑えていただけにかなり悔しい結果。なんとか次につなげれればいいですが。

負けたミッキークイーンは池江師が手前と左回りを原因に上げてましたが、ラップなんかを分析したりする人たちはペースや早いラップを敗因にあげるでしょう。多分前者の方が敗因としては大きいかなと思います。

 

 

GⅠオークス 東京芝2400m

問われる中距離適性

桜花賞では距離が長いと懸念されていたレーヌミノルが快勝。そしてソールスターリングが3着、絶対的存在だと思われていたソールスターリングが3着というのは3連単のオッズが示した通り波乱だったと思います。その桜花賞から実に4ハロン、800mも距離が伸びる訳ですが、もちろんどの馬も未知の距離。ここは対応できる馬、できない馬が必然と出現してきます。

とはいえ、データ的には前走桜花賞組が圧倒的に多いです。ただ桜花賞を勝った馬がオークスでも馬券になったのはジェンティルドンナやハープスター、ブエナビスタと本当に最強クラスの牝馬達。基本的に桜花賞で敗戦、凡走した馬の巻き返しが基本と見て良いでしょう。

 

注目馬

レーヌミノル

桜花賞馬、2冠なるかという今回ですが、上で桜花賞勝ち馬のデータが芳しくないのを考えると難しい挑戦になるでしょうし、そもそも重馬場の阪神1600をこなせたのは驚きましたが、やはりこの馬のレンジは1200〜1600のはず。距離延長といえど、まだマイルがベストという馬が中距離を使ってくるのとは全く訳が違ってきます。流石に今回は厳しいように感じます。これに関してはほぼ皆さん気づいていると思うので人気は落ちるでしょう。

 

ソールスターリング

前走は案外だったようですが、それでも3着と馬券になっているわけで十分強いは強いと思います。この馬も筋肉量が豊富でという理由から色々なところを見ても2400は長いという見立てのようです。体系的には手足も長く、走りも中距離をこなせそうにも感じますが果たして、、、。正直日本では全く見たことのなかった欧州の超良血血統な馬なだけに、一概に今までの見立てが通用するかどうか。ただ、能力は高いと思いますし、能力だけでも十分カバーしてきそうなタイプだと思います。

 

リスグラシュー

この馬も個人的には体型を見る限り本質はマイラーだと思います。マイラーでも十分対応してくるこの時期の府中2400なので問題はないと思いますが、何となくハーツクライ産駒というのが気がかり。ディープインパクト産駒のマイラーより融通は効かないイメージですが。

 

この他にも前走大凡走したアドマイヤミヤビも距離とペースを理由に巻き返しを期待して人気しそうです。確かにアドマイヤミヤビは距離延長プラスだと思われますが、前走の敗因が果たして距離とペースだけだったのかは疑問。負け過ぎの感からは買いにくい存在になりそう。

 

個人的に気になるのはこの馬→

前走は大敗戦。原因は馬場でしょうか。スタートの遅い馬で距離延長は良さそう。アドマイヤミヤビと同じ大凡走とはいえ、人気がこれぐらい無さそうな方が狙ってみたくなります。鞍上はかなり不安を感じますが馬自体は良さそう。